*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サロンホームページに必要なもの
個人でエステサロンを営業している方へ。
サロンのホームページについて、少しお話したいと思います。

先日、自宅兼サロンをしていらっしゃると言うエステティシャンの方から、

「最近、新規客がとれなくて伸び悩んでます」

という相談を受けました。

新規客を獲得するには、いろいろな方法があり「これをしてたらOK」と言うような鉄板作戦はないのですが、とりあえず、そのサロンのホームページを拝見してみました。
すると、問題点がすぐに沢山見つかりました。
早速、その問題点をお伝えし、サイトの改良をやっていただきました。

ホームページからの集客は、チラシや広告に比べて大きくなかったりして、見過ごしがちかもしれません。
「ホームページ作ったから、とりあえずはOK」と思ってる人もいらっしゃるかも。

でもホームページは、低コストでじわじわ、効果の上がるツールです。
弊社はここ数年、新規顧客のほとんどをホームページから獲得しています。

 弊社のサイト⇒http://www.cess.co.jp/

見てすぐ分かるように、素人がコツコツ作ってます。
プロにお願いしてません。
でも、しっかり新規取れます。

-----------------------------------------------
サロンホームページに欠かせない情報
-----------------------------------------------


●サロンの名前
●サロンの主力メニュー(フェイシャルエステ、痩身、脱毛、ブライダルエステなど・・検索エンジン対策)
●最寄駅名や、地区名(検索エンジン対策)


※新規のお客様がサロンを探す時、だいたい「地域名+メニュー名」で検索します。
 だから、この二つの情報は絶対に必要です。

●サロンの外観写真、内部写真、スタッフ写真


※個人の自宅サロンなのに、イメージがいいからと「南国リゾート」の写真や、ブロンド美人モデルの写真(多分、化粧品メーカーから貰った写真)を掲載してるサロンさんがありますが、かえってお店のイメージが湧きませんから、新規客は取れません。やめましょう。
背伸びをせずに、堂々と自分のサロンの写真で勝負してください!

●メニュー内容と料金

ここが一番大事です!
よく「¥5000~」みたいな、書きかたしているお店ありますけど、新規客はそれで不安になります。
いったいホントはいくらかかるの?

料金の部分は、詳しく書いて書きすぎということはありません。
力を入れて、詳しく解説してください。

----------------------------------
ここまでは、絶対に必要な情報です。
ここからは、できればあったらいい情報です。

★キャンペーン情報

誰でもお得情報は大好きです。
特に、新規獲得を考えるのでしたら【新規のお客様特典】を何かご用意されてはいかがでしょうか?

★スタッフの経歴紹介

施術者の腕のよさをアピールするチャンスです。
保持している資格。
取得したディプロマや参加したスクール、講習会。
そして経歴など。
お客様は経験豊富で、上手な人にやってもらいたいのです。
貴方の経歴を自慢しましょう!!



ホームページ相談受付中です。
自分のホームページに問題はないか?ブログってやった方がいいの?ツイッターは?
相談受付中です。。
スポンサーサイト

テーマ : 美容のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

サロンで物が売れるかどうか
 先日、近所の美容室にパーマをかけに行き、そこで化粧品の紹介を
 受けました。
 何年も通ってるお店なのですが、商品を紹介されたのは初めてです。


 ◆美容室で化粧品は売れるのか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

 私自身、今は企画担当で外に出る機会は無いのですが、十年前までは、
 営業として、取り扱いのサロンさんをまわって、スタッフさん向けの
 勉強会を開いたりしていました。
 ロープレで販売練習をしたり、目標設定してバックルームにグラフを
 貼ってもらったり。
 あ~なつかしい・・・。

 でも、そんな活動に賛同してくださるサロンは一握りで、多くの
 技術者は「物を売るとお客さんが逃げる」とおっしゃっていました。

 実際、技術オンリーの美容室さんがどんどん増えてきました。


 当時は、私も
 「そんなものかな。私も美容室で、いきなり化粧品勧められたら
  負担に感じるかも。」
 そんな風に考えていました。


 ◆勧められても嫌な感じがしない!
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

 でも、今回、実際に勧められてみると、全くそんないや~な感じは
 なかったのでした。
 むしろ、「どんな商品なの?」と興味が湧いてきました。
 (職業上の興味もありますが、使ってみたいと思いました)

 話を聞くと、担当の美容師さん(オーナーではない)が個人的に紹介を
 受けた商品がとっても良く気に入ったので、サロンで取扱うことにした
 そうなんです。

 「ここのホウレイ線が薄くなってきたんです!」
 と、話してくれました。
 話したくてしょうがない感じが好感度大。

 アシスタントの若い女性も「すっごくもちもちする感じなんですよ~」
 と絶妙のタイミングでフォローしてきます。
 こちらも、言わされてる感じはゼロ。


 ★まだまだ可能性が有る美容室での店販
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 これらのことが、「売るためのテクニック」ではなくて、
 本音として、世間話と同じレベルで話されてることが、とても自然で
 良かったんだと思います。

 美容室では店販難しいのかと思ってきた部分もありましたが、
 そんなことはない!
 はっと気がつかされた出来事でした。

 その場では買いませんでしたけど、次回買っちゃうかもしれません。


 皆さんは、サロンでの店販。
 どうお考えですか?
 美容室でなく、エステサロンだともっと自然なお話ができますね。

 
 セスコーポレーションのホームページでは、
 皆様のご意見をお待ちしております。
  ⇒ http://www.cess.co.jp/test/oshiete.html
サロンでの『心ケア』
近年、個人サロンさんを中心に従来の技術メニューに加え、『心の問題』をケアするサロン作りをされている方が多いように感じます。
お顔もボディも、心とは切っても切れない関係にあります。その意味では必然の流れとも言えるでしょう。

個人サロンさんは特に、お客様との関係を大切にしたい!と考える方が多いですし、ご来店されるお客様も同じ技術者にトリートメントして欲しいと望んでらっしゃいます。

回数を重ねるごとにコミュニケーションは深くなりますし、肌のカウンセリングでは毎日の食事、睡眠、ストレスに始まって生活全般に話が及びますよね。
職場やPTA、地域など人間関係だけとっても様々な環境があり、それがストレスやバランスを崩す原因となり、肌トラブルを引き起こしています。


日本は欧米などに比べると心の問題を扱う場所が少ないです。
だからと言って、日本人に心の問題を抱えている人が少ない訳ではありません。
しかし、気軽に心理カウンセリングを受けに行く風土もまだ、殆どありません。

そして、女性を取り巻く環境もますます複雑化し、重くのしかかって来てるようです。
「癒し」という言葉がこれだけ飛び交っているように、「自分の心を癒したいニーズ」も非常に高いのだと思われます。

サロンは医療の場所ではないので、そのアプローチや出来ることには限界があります。
しかし、傷ついて散らかった心を整理する手伝いや、抱えきれなくなった痛みをガス抜きするサポートには良い場所なのかも知れませんね。

テーマ : 美容のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

今年のビューティワールドジャパン

先週、3日間に渡って行なわれたビューティワールド、行かれましたか?

2005年以来、
46,535人、
47,269人、
49,592人、
51,999人
と増え続けてきた来場者ですが今年は52,086名で、ほぼ前年と同じでした。
 (http://www.beautyworldjapan.com/east/)

BWJ2209

全体的な印象としては、やはりネイル関連のブースに活気があったように感じます。
数年前は出展数も少なく、隅の方でひっそりとやっている感がありましたが、昨年辺りからドンドンと勢力(?)を伸ばしています。

ネイルは技術者の数も店舗も増え続けていて、ちょうどエステサロンで言えば10年ほど前の状況と似ています。業界全体として「上り調子」であり、今後しばらくすると、お客様に支持されるサロン集客に苦慮するサロンに分かれて行きそうですね。

テーマ : 美容のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

「BLOG」でサロンの今を伝える~コストパフォーマンス大!
この半年、株価の大変動など、日本の経済も大きく動きましたね。
(しかも、悪い方へ・・・)
エステ・美容業界も大手さんをはじめとして、厳しいお話を耳にするようになってきました。

先日、美容の大型機器を扱う業者さんとお話しする機会があったのですが、
「御社のように、個人経営のサロンさんと多くお付き合いされている会社さんはいいですね。うらやましいです」
といわれました。
それだけ、大手さんが厳しい状況と言うことでしょうか?

実際、エステ業界では、役務のローン販売が難しくなり、「都度払い」への移行を余儀なくされています。資金繰りが大変になったためか、大型の機器は軒並み売れなくなっているそうです。

価格、メニュー、支払方法などの面で、大手サロンさんの営業スタイルが個人店さんに近いものになれば、、同じ土俵での競争が始まります。個人店さんもうかうかしていられませんよ。
ますます、サロンの魅力をしっかりと打ち出していく必要がありますね。


そこで、本日は「ブログ」のお話です。
弊社が発行しているメルマガで、3年ほど前に「ブログを始めましょう!」という連載をしていたことがあります。当時は「ブログ」ってご存知ですか~?みたいなノリで記事を書いたのですが、この3年で、ブログの世間への浸透は凄まじいものがありますね。

よくテレビでも話題になりますが、昔だったら必ず記者会見を行っていた芸能人の結婚・離婚も、ブログで済ませるひとが多くなってきたとか。芸能人に限らず、政治家もブログ、スポーツ選手もブログ、テレビ番組にも必ず裏方のブログがあり、企業の社長ブログも流行っています。

美容業界を見ても、今やブログはサロン様にとっても欠かせないツールになっていると感じます。ホームページのあるサロンの場合、ブログのないところの方が少ないかも?


私が感じる、「ブログ」で情報発信することのメリットをあげてみますと

 ●手軽さ ●安さ ●速さ

の3つです。


●手軽さ

なんといっても、ブログは手軽です。
難しいホームページの知識は不要ですし、今は、携帯電話からもブログ書くことができますから、パソコンがなくてもOK。なんですヨ。

忙しいサロンの仕事が終わって、家に帰ってゆっくりパソコンに向かって・・・・なんて時間は取れない!!というオーナー技術者の方でも、通勤の電車の中で書くことだってできちゃうんです。
インターネットがいくら有用だからといっても、技術を磨く時間をおろそかにしてまで取り組むものではないかもしれません。でもブログなら、そんな心配は要らないのです。


●安さ

ブログ提供業者の無料サービスを使えば、費用はかかりません。
それで、膨大なネットユーザーに向けて情報発信できるんですから、すごいことですね。
「タダ」で、宣伝ができるんですよ。
雑誌や折り込み広告以上の情報が載せられて、無料なんて、やらない手はないですよ。
ホント!


●速さ

ブログは、24時間ネットに載っています。
今書いた記事がリアルタイムで反映され、すぐに他の人が見ることができます。
これもすごいことですよね。
例えば、キャンペーンを計画します。お客様におはがきでお知らせしたり、チラシを印刷して配布したりするとすると、どうしても時間がかかってしまいますね。
ブログの場合は、キャンペーンやるぞ!と思い立ったら、ブログを書けばその場で発表できるのです。


■予約状況の案内にも

最近、サロン様のブログを見ていると、予約の最新情報をブログで案内されていることが増えていると思います。
「○月○日、キャンセルでました~!」とか、
「○×キャンペーン枠 残り□名様」とか
リアルタイムでの情報を載せていくと、お客様にとっても便利ですよね。



ブログを始めたら、『ブログランキング』に登録しましょう!
お話してきましたように、ブログはとっても便利ですから、今やどんな人でもやってるという状況です。
なんとなくブログを始めただけでは、読者は増えないかもしれません。
そんなときは、「ブログランキング」など、ブログのポータルサイトに登録しましょう。

~~~ブログランキングサイトの一例~~~
人気ブログランキング http://blog.with2.net/
ブログ王 http://www.doramix.com/rank/
ブログ村 http://www.blogmura.com/
ブログランキングドットネット http://blogranking.net/
ブログの殿堂 http://www.dendou.jp/

こういった、ランキングサイトに登録すると、「今自分のブログの順位がどのくらいか?」ということが分かります。これはなかなか励みになりますよ。
また、こういうランキングは、「美容」「エステ」「アロマ」などといったテーマ別に分かれているので、美容に興味を持つ新しい読者を獲得することもできるんです。



私が個人的にお世話になっているサロン(個人店です)の先生も数ヶ月前からブログを始めたそうです。
もともと、「ホームページやインターネットのことはよく分からなくて、業者さんまかせなの」とおっしゃっていたのですが、今では、ブログランキングにも登録していらっしゃいます。
「順位が出ると、楽しくなって、今では毎日更新してるのよ」
とのことでした。


ブログは更新してナンボです。
毎日はムリでも、頻繁に定期的に更新することで、読者の方が増えてきます。
これは、ホームページにもいえることなのですが、ブログはホームページを更新するより簡単です。
どんどん読者の方を増やして、サロンの魅力を伝えましょう。

この社会情勢の中、美容・エステ業界にはこれから、嵐が吹きすさぶという見方もありますが、地に足をつけた堅実な営業をされているサロン様にとっては、お客様の支持があれば怖いことはありません

これからもどんどんお客様の支持を得られるよう、サロンの魅力を発信していきましょう!

テーマ : 美容のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

カテゴリー
プロフィール

サロン開業支援チーム

Author:サロン開業支援チーム
リーズナブルで良心的なエステサロンが沢山できて、気軽にエステに通える時代になりましたね。
エステのお仕事に魅力を感じている方に、ノウハウをお伝えしていきたいと思います。

最近の記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター

QRコード
QR
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。